未分類 2011年05月18日(水)

渦巻いてるわ〜!

応援告知!
|
古市さんは旅の途中秋田で!
|
会長(山本)は震災復興支援の報告会で!
|
おかーさん(たけちゃん)はこの間居酒屋で!
|
杉浦恵一がそれぞれに出会っていた3人が、なんとトリプル講演会を開催!
|

★5月29日にオープンハートの会主催のトリプル講演会を開催します。
|
〜〜〜〜〜〜〜〜
「こんなすごい人生があっていいのか?」
人生を選ぶ事が出来るなら
あなたはこの3人の人生を選べるだろうか?
|
乗り越えた者に与えられたもの、それは・・
|
トリプル講演会
|
日時:5月29日【日】越谷市サンシティホール 視聴覚室 定員80名
14時開場 14時半開始 18時終了 
19時より 懇親会 同会場

参加費:一般2000円 ペア 3000円 (3人目以降一人増えるごとに1500円追加)障害者 無料
|
 会員 無料 高校生以下 無料【当日は500円増しになります】
|
懇親会:一般500円 障害者・会員・高校生以下 無料
|
主催:オープンハートの会 
|
申込は:http://kokucheese.com/event/index/11151/より
メールフォームか、FAXになります。事前振込が必要になります。無料の方も申し込みが必要になります。FAX 048-985-2735
|
講演会【山本英利・たけちゃん・古市佳央】
|
講演者プロフィール
|
【古市佳央】タイトル「生きるって素晴らしい」
有限会社ウィング 取締役社長
1971年東京都生まれ。
|
「やんちゃな」少年だった高校一年の春、バイク事故で、重度熱傷41%という、
生死をさまよう大やけどを負うが、奇跡的に命を取り留める。
|
自らの変わり果てた姿に絶望し、真剣に自殺を考えるが、その後3年間に渡る
治療を通じて、さまざまな入院患者とのふれあいを経験し、再び生きる希望を取り戻す。
|
退院後は、一般社会の人々の好奇と嫌悪、同情の視線にさらされ、逆に精神的な強さがつちかわれる。
|
現在は社長業に従事しながら、障害者と健常者の垣根をなくし「生活の質」の向上を目指す、『オープンハートの会』の設立・運営や、自己の体験を通じて得た命の大切さや出逢いのすばらしさを伝えるため、全国での講演活動を行っている。
|
全国各地の小学校や高校、大学に招かれての講演活動にも力を注ぎ、様々な分野でパネラーとしても招かれている。
|
◎講演実績◎
小学校・中学校・高等学校・大学・病院・形成外科学会・企業研修・青年会議所・同友会・倫理法人会・少年院 他
セルフストーリーオペラ「這い上がり」を各地で公演。
|
|
【たけちゃん】タイトル「怒り、そして許し」
体の関節が硬くなる難病を持って生まれる。中学生のときに親から捨て子だったことを教えられ、深い闇に落ちる。
|
荒れ狂い、ヤクザの世界に入るが、一人の女性と恋仲になったことから足を洗うことを決意。
|
悪の道から抜けたあと、その彼女と婚約するも、直前に迫ったある日、彼女は複数男性から性暴力の被害に遭い、返らぬ人となる。
|
彼女を死にまで追いやった犯人を許せず頭が混乱し危害を加えてしまう。
|
それが
原因で8年間を刑務所で過ごし出所。しかし病院へ行くとあと3年の命だと余命宣告を受ける。気力を全て奪われたそのとき、友人づてにチームまさかという団体に出会い、様々な人と触れ合い誰かのために命を使いたいと心を決める。
|
現在は職業訓練を行うほか、養護学校で話をしたり、人を笑顔にするプロジェクトを考案中。
|
|
【山本英利】タイトル 「自分が自分を認めた日」
同性愛者の25歳の男性。
|
中学生の時、同性の先輩に初恋をしたことをきっかけに、自分が同性愛者であることを意識し始める。
|
しかし同性を愛する自分に酷く嫌悪。自分を認められない期間が高校まで続く。ところが、同じ同性愛の友人との出会いから心の表情が一転。
|
いまでは「どうもオカマです♪」と自己紹介からカミングアウトできるほどになる。現在は名前詩人として人に名前の意味を贈るほか、チームまさかという団体をつくり1000人規模のイベントを行ったり、NPOみんつなでは現地ボランティア担当として震災地の復興支援を手がけたりと精力的に活動中。
|
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



コメントする

お名前:

コメント:

«   |   »